『あさお芸術のまちコンサート』のリハーサル

先日、来週末19日(日)に昭和音楽大学ユリホールにて開催される『あさお芸術のまちコンサート』のリハーサルを行いました。

場所は、銀座教室☆

メンバーのmikiyoちゃん、fumiyoちゃんとリハを早々に終え、懇親会へ移行。

そこへ当日のスタッフsyota君達も混ざり、深夜2時近くまで大盛り上がりでした♪

麻生区役所地域振興課よりメールがあり、コンサートは、定員(350名様)を上回る申込みがあり大盛況とのことです。
申込みをして下さった新百合ヶ丘の生徒の皆様、抽選結果はいかがだったのでしょう?
19日に、皆様にお会い出来ることを楽しみにしております。

今回、私たちグループの他、フルート奏者、パーカション&マリンバ奏者の方々も出演されます。
たまたまバイオリンのmikiyoちゃんとパーカッション奏者の方が仕事仲間だったそうで、‘本当に音楽業界って狭いねぇ!’っと、話しておりました。

なにはさておき、沢山の楽器編成で親しみ易い曲ばかりの内容ですので、お客様には楽しめるコンサートだと思います。

終演後はお客様の計らいで、新宿の小料理屋さんにて、出演者&スタッフの皆様と打ち上げ予定です。
美人女将とレアな日本酒でまたまた盛り上がりたいと思います!!!

さぁ、まずは歌を頑張らなければ☆

mikiyoちゃん、fumiyoちゃん、syota君、mihoちゃん、19日はよろしくお願いいたします!

LINEで送る

アルフォンシーナと海

フォルクローレ名曲「アルフォンシーナと海」。

フェリックス・ルナ作詞・アリエス・ラミレス作曲によるこの曲は、
46歳で入水自殺をして亡くなった女流詩人アルフォンシーナ・ストルニのことを歌っています。
彼女が最後に書いた詩の一節が歌詞に織り込まれており、この詩は遺作として、彼女が亡くなった直後に新聞に掲載されました。

【歌詞】
海が打ち寄せる柔らかい砂浜のあたりに
彼女の小さな足跡は、もはや戻ることはない。
苦痛と沈黙の一人きりの小径は、深い海へと続いていた。
無言の悲しみの一人きりの小径は、海の泡立ちへと続いていた。

どんな苦悩があなたに付き添っていたのかを、誰も知らない
どんな古い痛みがあなたの声を黙らせたのかを

ランプの灯りをもう少し弱くして
私を眠らせてね、乳母よ、平安に
そしてもし彼が呼んでも 私がいるとは言わないで
彼に伝えて アルフォンシーナは戻らないと
そしてもし彼が呼んでも 決しているとは言わないで
こう言ってね、私は行ってしまったと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

莫大な歌詞部分から一部のみ、掲載させて頂きました。
後半6節がアルフォンシーナが書いた詩となっています。

9月15日の「ラテン・クラシックス」コンサートで演奏予定のため、ただ今練習中の曲なのですが。。。
実は、CARUSO同様、とても言葉の多い曲で暗譜に苦しんでおります・・・(:_;)

こちらの曲も、世界的に有名なクラシック歌手(特にテノール歌手)の方々が沢山歌っています。
映像は、フォルクローレの女王メルセデス・ソーサのものです。

LINEで送る

K-music Promption銀座声楽教室『冬の歌会』 決定!

K-music Promotion主催コンサートのお知らせ

チケット好評発売中!

■2012年9月15日(土)19:00開演/18:30開場

『Latin Classics~vol.3~』  

【場所】代々木上原・小ホールMUSICASA
【チケット代】4000円(1ドリンク付き) 
【出演】ソプラノ栗原陽子/ピアノ須藤信一郎/ヴァイオリン瀬尾鮎子
     /バンドネオン池田達則/パーカッション中山理恵

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生徒の皆々様、二転三転致しましたが、やっと、冬の歌会の日程が11月23日に決定いたしました!

この度は、またまた新地開拓と致しまして、赤坂より徒歩5分の『Casa Classica』にて、歌会を開催致します。

こちらですと、リハーサルも現地にて出来、かつ飲食もこちらで出来ますので、皆々様には好都合かと思われます!

新規の生徒さんも多いので、懇親会&歌会のスタンスを崩さず、わき合い合い皆様で盛り上がりたいと思います。

しかも、この日は三連休の初日・・・。
次の日のことを気にしなくて済むので、心行くまで楽しめますよね☆

さぁ、歌会に向けて頑張って参りましょう!

LINEで送る