真実の愛

めずらしくシリアスなタイトルですみません。

今週末より3ヶ月間、千代田区「いきいきプラザ」で介護予防事業の一環として開催される、カンツォーネ音楽講座の講師をいたします。

やはり、またまた準備に追われる日々です・・・f^^;

課題曲として選んだ『忘れな草』。
カンツォーネ名曲中のひとつ。
あの、『帰れソレントへ』の作曲者でもある、エルネスト・デ・クルティスの作品です。

ところで、‘忘れな草’の花の語源をご存知でしょうか?

私もたった今(今、勉強中なんですf^^;)、知ったのですが。

忘れな草は、「私を忘れないで」という英語名、「forget me not」の訳。

ドイツの騎士ドルフが恋人ベルタのために、ドナウ河湖畔に咲くこの花を摘もうとしたが、足を滑らせて水中に消え命を落としました。

そのとき、ドルフが言った「私を忘れないで」という言葉を、ベルタは一生忘れず、この花を髪に飾り続けたという伝説があるそうです。

忘れな草はヨーロッパ原産。初夏に青紫の小花をつけます。
花言葉は、‘真実の愛’。

LINEで送る

2011年、年忘れは・・・。

ちょっと先になりますが、2011年12月11日(日)昼より、
Latin Night』改め、『Latin Classics ~vol.3~』と称して、
練馬区桜台徒歩2分の「夢魚」にて、1ドリンク&1プレート付きLIVEを開催致します!

こちら、お料理がとっても美味しい上に、リーズナブルでビックリ致しました!
下見がてら、友人とバッチリお食事&お酒を頂いてきました♪

グラスワイン赤&白共に¥350!!!
なのに、飲みやすくて美味しくて本当に驚きましたf^^;

2011年、締めはこちら「夢魚」にて、アルコールinではじけたいと思います。

お客様はMAXで45名様くらいですので、とてもこじんまりとした感じになりますが、
アットホームな雰囲気を目指し、楽しい企画にしたいと思います。

念願のアルコール付きLIVE!!!
とにかくお酒(ガソリン?)をガンガン入れて盛り上がりたいと思います。

って、歌い手の私はたしなむ程度に致しますが・・・f^^;

お客様方々、共に楽しみましょうね♪
出演者情報などは、後日お知らせいたします。

LINEで送る

2011.5.8 Concert写真

中々コンサート写真をアツプ出来ずにすみません!f^^;

写真は、5月8日、チャリティコンサート閉会・ご挨拶の様子です★
名司会者のnegiさん、バイオリンの市川美希代ちゃん、ピアノの高橋望さん。

また、今回共演させて頂いたチーム(?)で、コンサートを開催できますように。

p.s 随時チョコチョコと写真をアップして参りますね♪

LINEで送る

初夏の勉強会の様子 2011.5.15

銀座声楽教室の生徒のみなさんによる勉強会の様子です。
幡ヶ谷徒歩2分のスタジオマイスペース・アスピアにて開催しました。
レッスン後、課題曲を2曲ずつ披露。
聴きに来て下さったご友人のasaちゃん、minoriちゃん、yoko先生、ありがとうございました!

一次会の様子。4000円で食べ放題・飲み放題の韓国焼肉屋さん。
mikaちゃんが見付けてきてくれたお店ですが、めっちゃめちゃ美味しかったです。

お約束の『ユッケ』『レバ刺し』は、バッチリ頂きました。

大丈夫!!!生きてます!!!

二次会の様子。
帰宅はいつもどおり、最終電車でした・・・・f^^;
この日も、女子会の流れに・・・。
男子・jyun君はどこへ!?

生徒のみなさま、一日おつかれさまでした。
今後も3ヶ月に一度位の割合で開催していきたいと思いま~す★

レパートリー増やして皆さんで楽しく歌っていきましょうね♪

次回、銀座声楽教室飲み会は、虎ノ門徒歩2分の串焼き屋さんです!
生徒の方も、生徒じゃない方もフルってご参加くださいませ。
こちら、串焼きの常識を覆すくらいの美味しさです!

・・・って、『酒豪ソプラノ&その生徒たち』復活の兆し!!!!!

負けずに頑張りますっ!

LINEで送る

ありがとうございます!

昨日、5月8日見事な快晴のもと、盛況のうちにカフェシンフォニー・東北地方太平洋沖地震『チャリティコンサート』を終えることができました。

100名様からなるお客様を迎え、義援金総額31万円を名司会者のnegiさんが、先ほど市役所に寄付しに行かれたそうです。

ご協力いただきましたお客様、スタッフとしてお手伝い下さいました秩父臨床の皆様、それから、この企画を快くお受けして下さいましたピアニストの高橋望さん、バイオリンニスト
の市川美希代さん、本当にありがとうございました!

そして、長きに渡り心温まる司会をして下さいましたnegiさん、本当にありがとうございました。

私たち都内組をバスで送って下さいましたseinoさん、お疲れの所、ありがとうございました。

この6年で培ったことの数々を、私どもはこれからの人生に生かし、さらに‘人と音の和’を紡ぎ続けていくことが、シンフォニーを支持してくださった方々への恩返しだと思っております。

これが‘終わり’ではなく、新たな‘スタート’となるよう、これからも頑張って参りたいと思います!

どうぞ、これからも末永く私たち若い(?)芽を見守ってくださいませ。

PS.後日写真アップします!もう少々お待ちくださいね♪

LINEで送る