5月29日(土)代々木上原「ムジカーザ」open19:00~

5月29日(土)open19:00代々木上原『ムジカーザ』http://www.musicasa.co.jp/hall/hall2.htm

?

『LATIN?? NIGHT? FEVER 』(仮タイトル)

ソプラノ     栗原陽子                                                           バイオリン    瀬尾鮎子http://profile.ameba.jp/seoayu/                                                      ピアノ      岡倉富敦

elnica? ????????石井扶美代(pf),?? MIKA(dance)

                                                 

今回はピアニストに、日本カンツォーネ界を第一線で活躍していらっしゃる岡倉富敦さん、TANGOバイオリニスとして国際的な活躍をしていらっしゃる新進演奏家の瀬尾鮎子さんのお二人をお招きし、今までにない新しい構成で臨みます! 

『LATIN』ものに照準を合わせ、カンツォーネあり、スペインものあり、タンゴあり、アルコールあり(←ここ重要!)の濃厚なひと時をお贈りしたいと思います?

プログラムは定番のカンツォーネ。スペインものにジェラシー、マラゲーニャ、グラナダ。~他~                             そして今回初挑戦となります、アルゼンチン・タンゴの巨匠『アストロ・ピアソラ』の作品コーナーを設けるつもりです。 

ずっと温め続けてきたプログラム内容なので、コンサート企画の段階からワクワクして仕様がありません!それもこれも、その道のスペシャリストでいらっしゃる岡倉さん、瀬尾さんのお二人が出演を快くOKして下さったからです。

もちろん、お馴染みのセクシーユニットelnicaも出演します?

?

先日、2月20日に瀬尾鮎子さんの所属されているユニット、                                 キサス・タンゴhttp://quizastango.lar.jp/のライブが                                        目黒・楽屋http://www.rakuya.net/で開催されました。                            

会場は立ち見が出るほどの満席状態。若さとエネルギーに満ちた演奏で、お客様皆様がキサス・タンゴのワールドに引きこまれていました。プログラム構成の緩急、MCも素晴らしく、お客様の心を見事、鷲掴みにしてました。白熱のLIVEに栗原、帰宅後、興奮状態で眠れませんでしたf^^;

?

かねてから夢だったTANGOの世界を、その魅力の十分の一でもいいから、自身のコンサートでお客様に提供できないものかと思っておりました。                                                私にとっては夢のような企画だったわけですが、これは、すでに夢ではなく現実。

?

私の歌と、どうリンクさせるか。

?

ワクワクを通り越して実はヒヤヒヤしてますが、今日も地道に譜読み&練習と頑張ります♪

もちろん、禁酒で。

(あっ、ビールはアルコールじゃないですから。‘恵みの水’ってことで一つ、よろしくお願い致しま~す?)

LINEで送る

そして、無難に生きたい。

ドレスに目がない私。

行き着けのお店にはチョコチョコと足を運んでます。

ただ、自分の好みのタイプって決まってきちゃうんですよね。で、同じようなドレスばかりがクローゼットに並ぶことに。

たまには新しいものにチャレンジしたい!!っと、ネットで調べていたら、お手ごろ価格でいい感じのドレスがいっぱいあるじゃないですか♪♪

その日の深夜、長時間に渡りドレスをみていたら、アレもコレもいいじゃん!っと、どんどん気が大きくなり・・・。なんだか購買欲がエスカレートしちゃったんですねf^^;

?

そこで、ちょっとデザインが凝っていて面白いドレス発見♪

もちろんサイズはXS 。                                                      色は光沢のある白で、胸元はV字に開いているタイプ。ここまではいつものタイプと変わらないのですが、このドレス、バストから下のお腹部分がキレイな楕円系で開いているんです。

ネットでは、スリムなマネキンが着ていたのでイイ感じでした?

‘おっと、コレ可愛いじゃん!’っと即買い。

?

数日後、ドレスが届き早速着てみることに?

まず、ドレスに足を入れたら転びそうになる位、キツイ・・・。                                 腰まで上げるのに相当な時間がかかりました。。。                                     そう、意地を張ってXSにしたがために、とんでもない位キツイし、苦しいし。                                          白い膨張色も災いして、見苦しい上にパンパンではち切れそう(:_;) 

?

そして、この、見るに耐えないお腹の丸い開き・・・。

‘え、これはお笑い?’

ネットのマネキンはキレイな楕円形だったはずなのに、私が着たらまん丸にポッカリ開いちゃうんです。しかも、直径10センチくらいのBIGサイズで。

強いていうなら、そう!腹芸を連想させちゃうような感じ。円の中に顔描いちゃうよ、ホント。?

?

これは相当ヤバイしイタイ。

この衣装で一体何を歌うのか・・・???(-_-))

って言うか、普通、これで歌は歌わないよな。。。

みんなのネタになる事間違いなしだよ(>_<)

?

っということで、このドレス、結局クローゼットの奥深くに永眠する運びとなりました。

?

・・・あ~あ、もったいない。

マネキン級にスリムになったらチャレンジしてみょうかな?(←絶対無理だけど)

?

いや、やっぱりやめておこ。

人生、無難が一番です。。。

LINEで送る

M+

生徒のJYUN君&MIKAちゃん。レッスン後の会話で。

「先生って、結構M体質ですよね。」っと、JYUN君&MIKAちゃん。

「なんで?」

「この間の角膜剥離の時にジムに行って走っちゃう所とか。それと、身体張ってインフルエンザになろうとする所とか。普通、そこまでしないですよ。ツライし痛いじゃないですか」

「・・・あ、やっぱりそう思う?f^^;」

「でも、M体質じゃないと芸事なんて続けられないんじゃないかな」っと、MIKAちゃん。

一同納得。

この芸事だけは、追っても追ってもキリがない世界で、続けている限り試練と努力と反省の日々なんですよねぇ。。。                                                             さらに、音楽や踊り等はアスリートに近い要素も必要なので、日頃の肉体鍛錬は必要不可欠。

努力と試練と困難が大好きな人向きかも・・・f^^;

「Mな上にプラス思考だと、やっぱり芸事は伸びますよね~」っと、またまたMIKAちゃん。

おっ!いいこと言うなぁ?

ポジティブな性格の持ち主って、故障や苦難をも芸の肥やしにしてしまうパワーがあります。それら負の要素を補うべく努力を重ね、強靭な精神、かつテクニックまでも手に入れてしまうのでは。

「最初から何でも出来ちゃう人は、モノになる前に飽きちゃうんですよ。だから、不器用で、さらにM体質で、プラス思考な人が長く続けられるんじゃなのかな?」っとのこと。

「私達、これから目指すはM+だね!!」

っと、話が上手くまとまった一日でした♪

LINEで送る

coffee くろんぼ

2010 001 2010 003

先日、仕事で行った熱海で素敵なコーヒー屋さんを発見?

メイン通りの坂を下っていくと、左手にあるcoffee『くろんぼ』。熱海駅より徒歩5分くらいの場所にあります。

その名前の由来はついに聞くことが出来ませんでしたが、次回、訪れた際に聞いてみようと思います。

美人ママの楽しい会話と薫り高いサイフォンコーヒー。

都内では味わえないノスタルジックな空間に、時が経つのも忘れてしまいます。。。

癒されました?

熱海に訪れた際には、どうぞお立ち寄りくださいね♪

スナック・喫茶『くろんぼ』                                                      熱海市咲見町3-1/tel 0557-82-2484?                                               

LINEで送る

春より活動開始。

現在、最高潮に寒い日が続いてますが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

それでも後一ヶ月もすれば春がやってくるんですね☆

?

思えばあれは・・・かれこれ何年前?? 7年位前になるでしょうか。

KANAMEちゃんの紹介により、川崎区にある重度障害者施設で慰問演奏をしたことがあります。          

12月のめちゃめちゃ寒い日で、竜巻おこる校庭の真ん中で生徒達を引き連れ、アニメソングを熱唱しました。マイクは壊れるは、寒いはで凍えながら歌った記憶が・・・f^^;

今思えばあそこが私の原点だった気がします。

その当時は喉をひどく痛めており、演奏家としての道はとっくに諦めていました。全エネルギーを講師活動に注いでいた時代ですね。                                                  慰問様として作曲家の先生に‘子供が喜ぶアニメソング・メドレー’を作ってもらったり、日夜、生徒達と合唱練習をしたりと、かなり熱心に活動していました。(必ず練習後は飲んでましたが・・・)

みんなで楽器を担いで慰問先に出向き、歌ったり、踊ったり(?)と、そんな時代を過ごしてきたことを思い出し、とても懐かしくなりました。

歌を歌うなら人の役に立つ歌を歌いたい。そして、一緒に活動できる人材を育てたい、それが私の夢だったんです。

そして今、7年越しの思いが叶って、春先より慰問演奏に参加されるメンバーの皆様との合唱練習が始まります!

?

あの校庭で、重度だといわれる子供が私達の歌を聴き、声を上げて喜び飛び回っていた姿を、私達は忘れることは無いと思います。

?

一歩一歩ですが、願えば‘夢’は叶うもの。

これからもそう信じて歌って行きたいと思います。

LINEで送る